原标题:林生海:日本學者三夷教相關論著目録

仏教哲学は現代美術インスタレーション[1]にどう表されたのか。ナム?ジュン?パイクの《TV仏陀》には仏像が登場しているが、それが果たして仏教的な哲学を表しているのだろうか。

图片 1

ナム?ジュン?パイクの主張の中には禅?華厳思想が明確にあって、それを彼は作品の中に表している。華厳思想は大規模なビデオ?インスタレーションとして表現されており、また、グローバルヴィレッジ[2]思想を衛星通信によるネットワークの中で、禅的な思想は《TV仏陀》と彼の言動の中で表している。

日本學者三夷教相關論著目録

本稿で、華厳思想、禅を挙げたのは、この宗教的な思想は彼の作品において重要なコンセプトになっているからであり、グローバルヴィレッジと遊牧民の関係を挙げたのは、華厳的な思想を背景として作られた大規模の衛星通信ビデオ?アートは彼の遊牧定住者の生活と密接な関係があったからである。華厳思想と禅の沈黙を理解することは彼の思想や作品を理解する上で重要である。稲賀繁美は亀の甲羅が一枚ずつTVモニターによって置き換えられている巨大なビデオ?アート作品《亀》—
モニターひとつひとつが世界各地の異なる源から得られた映像を再生している—
は亀を象った電動の曼荼羅、つまり「亀の曼荼羅」と評価し、彼が韓国の仏教的世界を背景に色濃く宿しもつ創作家であった[3]と見ている。

林生海(安徽師範大學)

図 1 ナム?ジュン?パイク《亀》1999年

一、论文

本稿の構成として、宗教と現代美術、特にナム?ジュン?パイクと華厳思想について多く語った稲賀繁美の論文『華厳経と現代美術
相互照射の試み』を先行論文として踏まえ、1?ケージとの出会いと禅の影響、2?衛星通信メディア?グローバルヴィレッジ、3?《TV仏陀》彼の思想を考察する。

羽田亨,新出波斯教残経に就て,東洋学報通号,247-263,1912-5

1?ケージとの出会いと禅の影響

原田淑人,唐小説杜子春伝と祆教,東洋学報6(3),423-427,1916-10

ナム?ジュン?パイクの仏教思想の背景には3つのルーツがある様に思える。

石田幹之助,支那に於いて出版せられたる回教文献に就いて,東洋学報8(2),308-314,1918-5

ⅰ.祖国である韓国仏教に支配的な華厳教学、禅と易経。

石田幹之助,アー・フォン・ルコック『高昌古址発見トルコ文摩尼教遺文攷』第2冊,東洋学報12(3),409-415,1922-10

ⅱ.日本?鎌倉での居住経験/東大?美術史学科の在学経験

桑原騭藏,大秦景教流行中国碑に就いて(『桑原騭藏全集』第1集,岩波書店1968年),『東洋史説苑』,弘文堂,277-314,1927-6

ⅲ.鈴木大拙、ジョン?ケージに連なる禅思想の芸術への適用

神田喜一郎,祆教雑考,史学雑誌39(4),381-394,1928

ナム?ジュン?パイクはアメリカで活動した韓国人の現代美術家であり、ビデオ?アートの開拓者である。パイクは生涯にわたって韓国、香港、日本、ドイツ、アメリカに移住したステーショナリー?ノマドだった。

石田幹之助,祆教叢考:神田學士の「祆教雑考」を読みて,史學雜誌34(6),1928

1951年から彼の一家は鎌倉市にすみ、1952年4月、東京大学教養学部文科Ⅱ類に入学、1954年4月には東京大学文学美学?美術史学科に進学した。1956年に同大学を卒業し、20世紀音楽を学ぶために西ドイツに渡った。美術史学以外にも音楽を学び、ほかにも禅や華厳思想などの幅広い思想?哲学に通暁していた。彼の暮らしていた鎌倉市には寺院が多くあり、在学中は寺へ行って坐禅を組んでいたため彼の中に禅は深く沈んだと推測される。

桑原騭藏,祆教に関する一史料,史學雜誌39(7),1928

さらに、ジョン?ケージ[4]との出会いは彼にとって人生と活動に方向付ける存在であった。ケージの所属する前衛芸術団「フルクサス」[5]に参加し、東洋思想、特に禅の思想の影響を深くうける。ケージ本人は鈴木大拙[6]と出会い、禅に心を深く引かれ、禅の沈黙を表現した代表作品「4分33秒」を作り、音楽の歴史に新たな1ページを加えることとなった。ケージやフルクサスの禅受容の在り方は、ナム?ジュン?パイクを音楽演奏からパフォーマンスそして、アート作品へと変遷するきっかけになったのである。

羽田亨,景教経典志玄安楽経に就いて,東洋学報18(1),1-24,1929-8

ナム?ジュン?パイクの芸術コンセプトは、「諧謔精神(かいぎゃくせいしん)」[7]「禅」「東洋と西洋の融合」である。彼の作品には多くの仏像が取り入れられ、「心の働きを集中させる」禅の思想を現代アートに表現し、仏陀の静かな存在によって具象化され、東洋文化を西洋人に伝えられるのである。出自である韓国文化、東大での美学の勉強と禅の影響、ジョン?ケージとの出会い、フルクサスに参加しニューヨークへの移るという大きな旅を歩み、芸術に対する考えが形作られた。

重松俊章,唐宋時代の彌勒匪教,史淵3,1931

「禅の思想がなければ彼のなかでビデオ?アートは誕生も熟成もされなかった事実に注目すべき」[8]と榎本香織に挙げられており、禅は彼の一生で探求したテーマであった。彼の最初のビデオ作品《TVの禅》は榎本香織の発言の意味を明らかにしている。彼は東京大学を卒業してからメカニックなものをダダ[9]的なパフォーマンスに結び付けた作品を発表し続けていた。

重松俊章,唐宋時代の末尼教と魔教問題,史淵12,1936

その間、テレビのブラウン管が、新しい芸術の表現メディアになることを予見し、1963年の《TVの禅》などからビデオ?アートへの道を拓く[10]。それから、易経と禅の「宇宙観」?「空」?「沈黙」をタイトルと内容に使ったビデオ?アートは次々と制作される。

神田喜一郎,「敦煌二十咏」に就いて,史林24(4),1939

図 2ナム?ジュン?パイク《TVの禅》1963年

神田喜一郎,素畫に就いて,東洋史研究5(3),193-195,1940-04

図 3ナム?ジュン?パイクI-CHING(易経)1984年

田阪興道,回紇に於ける摩尼教迫害運動,東方學報11卷1期(東京),1940-3

図 4

藤枝晃,景教瑣記,東洋史研究8(5-6),318-324,1944-03

図 5

佐伯好郎,西教東漸の跡を顧みて,史学研究(39),73-81,1949-10

図4:ナム?ジュン?パイク MR.EINSTEIN AND MAR,DAIZETSU SUZUKI
(アインシュタインと鈴木大拙)1982年

羽田亨,太秦景教大聖通真帰法讃及び大秦景教宣元至本経残巻について,東方学(1),1-11,1951-03

図5:ナム?ジュン?パイク COMMUNICATION STUDY IN A MOLL 1982

高井貞橘,ネストリウス破門の経緯について:景教正統論の序説として,明治学院論叢(22),47-61,1951-06

2?衛星通信メディア?グローバルヴィレッジ

那波利貞,火の信仰に就いて,神道史研究1(3),248-265,1953

ナム?ジュン?パイク華厳的考えによると、世界観と宇宙観は遍在する仏の智慧と光を表現しているように思われる。彼は世界を跨ぐ衛星通信グローバルヴィレッジの実現を目指していたが、彼にとってグローバルヴィレッジ村落共同体と遊牧民はどういう関係を持っていたのか。彼が遊牧民のように移住しなければビデオ?アートと出会うことができなかった。「ビデオを徹底的に研究するには、馬から始めなればならない」[11]という彼の言葉から我々は何を考えるだろうか。ビデオは電子通信の一種類であり、人間の脳で記憶できないものを記録して伝達してきた。騎馬民族は馬により、空間的に移動と同時に情報を伝達し、西洋のルネサンスまで影響を及ぼした。通信手段が馬からテレックス、テレビ、ビデオ、電話、コンコルド、そしてインターネットへと変遷して、衛星通信によって時間と空間の限界を超え、地球全体が出会い、東と西が繋がることになった。馬は電子化情報の発展によってメディアとしての役割を終わったとしても、メデァアの研究は馬から始まるべきである。情報手段が馬からインターネットへ変わるまで、メディアと仏教はどういう関係を持ち続けていたのだろうか。

茂泉昭男,マニ教論争に見られるアウグスティヌスの悪論の展開,東北学院大学論集(17),1954-12

ナム?ジュン?パイクはケージ?ショックを経て、ケージによって、書いた『個人様式と時代様式』に以下のように述べている。

畑野忍,景教直接資料の研究,神学と人文大阪基督教学院・大阪基督教短期大学研究論集(1),1955-04

「果たして韓国→満州→蒙古→タタール地方へと、十万年を朔のぼるDNAをもったぼくが、西欧で、ルネサンス以後五百年の歴史をもつ様式の最先端に、接木して、それが誠実な僕の個人の全人間性の表現になるのか、あるいは時代に迎合して出世を求めるハッタリ[12]屋のバクチ[13]であるのか?人に責められる前に納得させたかった[14]。」その後、彼は、芸術は個人の人間性の表現ではなく、
様式の展開可能性を一歩一歩きり開いていくパイオニア的なもの、自然科学のようなものだと思うようになった。そこから彼は大規模の国境を越えたコミュニケーション、衛星放送作品を企画していった。彼のネットワーク作品に1970年のポソトンのWGBH-TVで4時間番組として生放送された《ビデオ?コミューン》に始まり、1973年の《グローバルグルーブ》1978年のVIDEO《メディア?シャトルモスクワ/ニューヨーク》、1982年の384台のテレビ受像機を並べ三色旗をかたどった《トリコロールビデオ》、1984年の《グッドモーニング、ミスタ、オーウェル》ニューヨークとパリを衛星中継ビデオで結び、西ドイツ、ロンドン、韓国にも放送された。1986年の《バイ?バイ?キャップリング》には華厳的な思想は時間、空間を超える仏教の世界を実現している。

那波利貞,祆廟祭祀小攷,史窓(10),1956

図 6

龔天民,中國景教に於ける佛教的影響について,印度學佛教學研究6(1),138-139,1958

図 7

富山昌徳,平安・鎌倉時代の仏教説話中に見られる景教の影響について:ルカ伝の間接文献の紹介,日本仏教(7),45-57,1960-03

図6:ナム?ジュン?パイク
《メディア?シャトルモスクワ/ニューヨーク》1978年 VIDEO

窪德忠,宋代における道教とマニ教,東洋史論叢:和田博士古稀記念,講談社,1961

図7:ナム?ジュン?パイク 《グッドモーニング、ミスタ、オーウェル》1984年
VIDEO

香山陽坪,オスアリについて:中央アジア・ゾロアスター教徒の蔵骨器,史学雑誌72(9),1284-1298,1963-09

3?《TV仏陀》ナム?ジュン?パイクの思想

原田淑人,東と西(五)唐代小説杜子春伝とゾロアスター教,聖心女子大学論叢22,7-17,1964-03

図 8:ナム?ジュン?パイク 《TV仏陀》 1975年

池田溫,八世紀中葉における敦煌のソグド聚落(辛德勇譯,劉俊文主編『日本學者研究中國史論著選譯』第9卷,中華書局1993年),ユーラシア文化研究1,1965-11

図 9:ナム?ジュン?パイク 《TV仏陀》 1974-82年

木村信一,景教異端とそのシリヤ語QNOMA関する一考察,桃山学院大学キリスト教論集2,23-41,1966-03

1975年に発表した《TV仏陀》はナム?ジュン?パイクの代表的な作品である。《TV仏陀》はきわめて暗示的なインスタレーションである。図8の中心に仏像が置かれ、仏像に向けられたビデオカメラは仏像を映しだしたもので、仏像は自分自身を、自画像を見つめ、それが自己の深奥への瞑想的凝視となっている。図9のバリエーション作品には、仏像、ビデオ、カメラ、地の山に埋められた受像器で仕立てられ、対面するテレビに仏像自身の映像が映されて、仏像が静かに自己鑑賞する。

小川陽一,敦煌における祆教廟の祭祀,東方宗教(27),23-34,1966-09

モニターに映る仏像を見つめる仏像は、ある明快な問題、自己の本性に目覚め、真の自己を直覚体験している。

佐伯好郎,井出勝美(訳),極東における最初のキリスト教王国弓月,及びその民族に関する諸問題,史観(74),14-28,1966-10

《TV仏陀》で表現されている内容は禅による瞑想世界と公案であり、メディア作品として鑑賞すると情報とコミュニケーションのとりかたを表現した作品である。

須永梅尾,ファウストゥスとアガピウス:古代末におけるマニ教的異端の一考察,文化史学(23),20-32,1968-05

われわれは彼の作品から、座禅をくむことは、自分を見つめる、自分の心をみつめることであり、テレビは鏡の役割を果たす一面とメディア通信によって世界に広がれる手段の一面である。ビデオカメラは傍観者と曼荼羅、仏画を
代表していると伝えていることが分かる。また、ナム?ジュン?パイクの著作や人物としての魅力は当意即妙な公案的問答にある。

須永梅尾,ヨーロッパにおけるいわゆる「マニ教的」異端の系譜について,新潟青陵女子短期大学研究報告1,25-42,1970-03

図 10ナム?ジュン?パイク 《テクノブッダ》

大島春子,「二つの魂」説に見られるアウグスチヌスのマニ教解釈について,中世思想研究(12),47-70,1970-08

《TV仏陀》と似た作品《テクノブッダ》に注目しよう。機械を組み込まれた仏像が、旧型の黒電受話器で電話を聞き、パソコンモニターとつながり、ビデオに撮られている。彼は精神性と熱意をもってこのコンピュータのモニターをテクノロジーと合併している。伝統に影響を与えた技術とそれらの対照、情報通信の発展を表現した作品である。仏像に付けられたモニター曼荼羅は電話、テレビ、パソコンと繋がり、仏教の思想はメディア通信によって世界中に広がるという意図に気づかされる。

梅原猛,塔-21-広隆寺と景教-1,芸術新潮22(9),144-148,1971-09

「アーティストの仕事は未来を考えること」[15]とナム?ジュン?パイクは考えていた。《プリペアド?ピアノ》は彼の発言を体現していると考えられる。上に色んなものが置かれたピアノはただ展示されていればインスタレーション作品であり、そのピアノを演奏するとイベントになる。それを録画するとビデオテープ、すなわち映像作品になる。彼の作品はビデオテープの作品からインスタレーション作品へ、それからパフォーマンスの作品へ、衛星通信によるグローバル作品へと変わっていったのである。この変化は世界の情報通信の変化に巨大な影響を受けながら、彼自身のビデオ?アートの開拓者として活躍する偶然性を高めた。

梅原猛,塔-22-広隆寺と景教-2,芸術新潮22(10),163-168,1971-10

われわれは遠い存在と思われていたメディアと仏教はナム?ジュン?パイクの《TV仏陀》によって関係付けられた。

野村博,景教に就いて,東洋史苑4,25-30,1971-12

参考文献

須永梅尾,「真珠の歌」とマニ教との間,新潟青陵女子短期大学研究報告3,15-28,1973-01

ナム?ジュン?パイク 『タイム?コラージュ』福住治夫編集 ISSHI PRESS1984年

塚田康信,大秦景教流行中国碑の研究,福岡教育大学紀要第5分冊芸術・保健体育・家政・技術科編(22),1-13,1973-02

ナム?ジュン?パイク『バイ?バイ?キャップリング』伊藤義雄編集
リクルート出版部 1986年

大秦景教流行中国碑年表(貞観9〜中華民国54)(大秦景教流行中国碑の研究),福岡教育大学紀要第5分冊芸術・保健体育・家政・技術科編(22),11-12,1973-02

東京都美術館編『ナム?ジュン?パイク展:ビデオ?アートを中心に』
1984(東京都美術館特別展図録;第13号)

塚田康信,大秦景教流行中国碑の研究:碑文の通釈,福岡教育大学紀要第5分冊芸術・保健体育・家政・技術科編(23),63-74,1973

榎本 香織(えのもと
かおり)『白南準における禅—その作品からー』428NII-Electronic library
service japanese association for religious studies

須永梅尾,”Handam”史料にみるマニ教の霊魂観,新潟青陵女子短期大学研究報告4,21-33,1974-02

稲賀 繁美(いねが しげみ) 『華厳経と現代美術
相互照射の試み』第2回国際華厳会議発表論文から「あいだ」154号

竺沙雅章,喫菜事魔について(收入竺沙雅章『宋元仏教文化史研究』,汲古書院2000年),青山博士古稀紀念宋代史論叢,省心書房,1974

『美術手帖』1980年10月号、11月号

竺沙雅章,方臘の乱と喫菜事魔(農民戦争史の諸問題(特集)),東洋史研究32(4),21-43,1974-03

美学、考 第9号「さよなら ナム?ジュン?パイク」

池田溫,沙州図経略考,『榎博士還暦記念東洋史論叢』,山川出版社,1975

山口勝弘『ロボット?アヴァンギャルド』20世紀芸術と機械 PARCO出版局
1995年3月

森茂男,岡田明憲著『ゾロアスター教:神々への讃歌』,オリエント26(1),108-114,1983


須永梅尾,マニ教神話における2神とそのパルティア語讃歌,新潟青陵女子短期大学研究報告6,21-28,1976-03

[1]
ある特定の室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、作家の意向に沿って空間を構成し変化?異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術。ビデオ映像を上映して空間を構成することもあれば、音響などを用いて空間を構成することもある。

石田幹之助,松本清張,火祆教教と中国文化,中央公論91(6),278-294,1976-06

[2]
電子的なマスメディアによって、それまで人々はコミュニケーションをおこなう障壁になっていた時間と空間の限界が取り払われ、地球規模で対話し、生活できるようになった。この意味で、電子的マスメディアによって地球全体がひとつの村のように緊密な関係をもつようになったという主張のこと。

藤井知昭,ゾロアスター教徒の衣裳:西アジア収集の回想,国立民族学博物館研究報告1(2),427-430,1976-07

[3] 稲賀 繁美(いねが しげみ) 「華厳経と現代美術
相互照射の試み」第2回国際華厳会議発表論文から「あいだ」154号
のすみっこ不定期漫遊連載 第61回 参照。

須永梅尾,マニ教における「エノック書」とその底本について,新潟青陵女子短期大学研究報告7,29-35,1977-03

[4]
ジョン?ミルトン?ケージ?ジュニアは、アメリカ出身の音楽家。作曲家、詩人、思想家、キノコ研究家。実験音楽家として、前衛芸術全体に影響を与えている。

森安孝夫,ウィグルの西遷について,東洋学報59(1・2),105-130,1977-10

[5]
フルクサスは、アメリカ人のジョージ?マチューナスが主唱した前衛芸術運動、またその組織名である。1960年代を代表する芸術運動として、ネオダダ、ボップアートと並び称される。

山本由美子,ゾロアスター教研究の一動向:M.Boyceの『ゾロアスター教史第一巻』を中心として,オリエント22(2),130-139,1979

[6] 鈴木 大拙、1870年11月11日 –
1966年7月12日)は、禅についての著作を英語で著し、日本の禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者である。

片柳栄一,Jesuspatibilis:アウグスティヌスの接したヌミディアのマニ教の一断面,中世思想研究(22),25-47,1980

[7]
華厳世界の中心になるのは、この世界の実相は個別具体的な事物が、相互に関係しあい無限に重なりあっているという考え方である。

片柳栄一,アウグスティヌスとマニ教,商學論究27(1/2/3/4),641-660,1980-01

[8] 榎本 香織(えのもと
かおり)『白南準における禅—その作品からー』428NII-Electronic library
service japanese association for religious studies

伊藤義教,再説「ゾロアスタ-教徒の来日」,朝日ジャ-ナル22(37),84-86,1980-09

[9] ダダイスム、第一次大戦中から戦後にかけて欧米に興した芸術運動。

中別府温和,聖なる火をめぐるゾロアスタ-教の宗教儀礼:マ-チ(maci)とジャシャン(Jasan)を中心として,宗教研究57(2),205-225,1983-09

[10] 山口勝弘『ロボット?アヴァンギャルド』20世紀芸術と機械 PARCO出版局
1995年3月 124頁参照

加藤武,蜜日と宗教儀礼:日本におけるマニ教-1,立教大学研究報告·人文科学(43),140-122,1984

[11] ナム?ジュン?パイク『バイ?バイ?キャップリング』伊藤義雄編集
リクルート出版部 1986年 99頁参照〈馬からクリストへ〉

上岡弘二,メアリー・ボイス著/山本由美子訳『ゾロアスター教:三五〇〇年の歴史』,史學雜誌93(3),385-386,1984-03

[12]
ハッタリ:言葉自体は昔から存在する、最近になって急に使われるようになった言葉。おおげさに表現したりウソを言ったりして相手を圧倒させることを意味し、英語では賭博で使う「ブラフ」が近い意味になる。

岡田明憲,パールシーと神智学:ゾロアスター教近代化の一側面,オリエント28(2),66-77,1985

[13] バック:賭博

中別府温和,ゾロアスタ-教における死体悪魔(druxsyanasus)について,哲学年報(44),21-37,1985-02

[14] ナム?ジュン?パイク 『タイム?コラージュ』福住治夫編集 ISSHI
PRESS1984年 12頁参照

長沢順治,マニ教の二元相克と詩,大東文化大学英米文学論叢(16),70-76,1985-03

[15] ナム?ジュン?パイク『バイ?バイ?キャップリング』伊藤義雄編集
リクルート出版部 1986年 86頁参照

山本由美子,ゾロアスター教のフラフストラ観,史學雜誌94(9),1421-1449,1548,1985-09

Immoos
Thomas,景教の碑文:異なる宗教と宗教が対話したとき,ソフィア35(1),97-101,1986

吉田豊,漢訳マニ教文献における漢字音写された中世イラン語について-上(内陸アジア言語の研究2),神戸市外国語大学外国学研究(17),1-15,表6枚,1986

吉田豊,漢訳マニ教文献における漢字音写された中世イラン語について(上),「内陸アジア言語の研究2」長田夏樹教授退官・退班記念篇,神戸市外国語大学外国学研究17,1-15,1987-03

須永梅尾,マニ教文学における讃歌と詩篇:マニの涅槃をめぐって,新潟青陵女子短期大学研究報告18,27-36,1988-02

河野一典,『創世記』冒頭をめぐるマニ教徒の問いの意味について:Augustinus,Confessiones
XI,10,12,中世哲学研究:Veritas7,61-65,1988-11

西脇常記,「大秦景教宣元至本経」残巻について,禅文化研究所紀要(15),107-138,1988-12

須永梅尾,マニ教学250年,新潟青陵女子短期大学研究報告19,1-12,1989-02

吉田豊,森安孝夫,麹氏高昌国時代ソグド文女奴隷売買文書,「内陸アジア言語の研究」4,神戸市外国語大学外国学研究19,1-50,1989-03

秋山光恵,「大秦景教流行中国碑」を訪ねて,神学と人文:大阪基督教学院・大阪基督教短期大学研究論集30,181-187,1990

菊地伸二,『マニ教徒に対する創世記注解』におけるordoの意味,中世哲学研究:Veritas9,64-68,1990-11

吉田豊,SundermannW,ベゼクリク・ベルリン・京都:ソグド文字によるマニ教パルティア語の賛歌,オリエント35(2),119-134,1992

寺島憲治,バルカンの新マニ教,現代思想20(2),173-179,1992-02

河野一典,アウグスティヌスにおける「地」(Genesis,1,1-2)としての質料:マニ教徒論駁の観点で,中世哲学研究:Veritas11,86-90,1992-11

加藤九祚,マニ教研究ノート,創価大学人文論集5,242-263,1993-03

吉田豊,中世イラン語と古代チュルク語:マニ教文献中の奥書2種,内陸アジア言語の研究8,127-133,1993-03

吉田豊,森安孝夫著『ウイグル=マニ教史の研究』,史學雜誌102(4),595-605,1993-04

梅村坦,森安孝夫「ウイグル=マニ教史の研究」,東洋史研究53(1),167-175,1994-06

岡田明憲,アルダ-・ウィ-ラ-フの書:ゾロアスタ-教徒の霊界旅行,ユリイカ26(13),342-350,1994-12

吉田豊,無常を説くマニ教ソグド語文書:京都大学文学部所蔵の写真資料から,オリエント37(2),16-32,1995

渡辺はるな,魔と犬:ゾロアスター教を中心に,比較思想研究22,168-171,1995

菊地伸二,『未完の創世記注解』における「創造」についての一考察:『マニ教徒を反駁する創世記注解』との比較において,中世哲学研究:Veritas14,96-103,1995-11

岡田明憲,ゾロアスター教の大女神:Armaiti,Aši,Anahita,オリエント39(1),85-99,1996

戸田聡,キリスト教修道制の生成とマニ教:エジプトとシリアの場合,日本中東学会年報(11),183-208,1996-03

島恭裕,マニ教細密画中の獣頭像に関する考察,民族考古:大学院論集3,132,1996-03

田辺勝美,ソグド美術における東西文化交流:獅子に乗るナナ女神像の文化交流史的分析,東洋文化研究所紀要(130),213-277,1996-03

岡崎和子,アウグスティヌスにおける意志の自由の問題:マニ教との関連で,北陸大学紀要21,181-191,1997

影山悦子,東トルキスタン出土のオッスアリ(ゾロアスター教徒の納骨器)について,オリエント40(1),73-89,1997

森泰男,「潔斎」(abstinentia)とは何か:『マニ教徒の習俗について』におけるアウグスティヌスのマニ教批判の一断面,西南学院大学国際文化論集11(2),1-13,1997-02

岡田明憲,ゾロアスタ-教における牛のシンボリズム,象徴図像研究(11),5-13,1997-03

森安孝夫,大英図書館所蔵ルーン文字マニ教文書Kao.0107の新研究,内陸アジア言語の研究12,41-71,1997-07

菊地伸二,魂の創造について:『マニ教徒を反駁する創世記注解』II,3、4〜8、11を中心に,中世哲学研究:Veritas16,99-109,1997-11

W・ズンダーマン,吉田豊(訳),マニ教と佛教の出会い:佛教がマニ教に与えた影響の問題,佛教文化研究所紀要36,11-22,1997-11

菊地伸二,〈翻訳〉アウグスティヌス『マニ教徒を反駁する創世記注解』(2),研究紀要19,177-206,1997-12

岡田明憲,ゾロアスタ-教の家族観,比較文明(14),18-27,1998

岡田明憲,イラン文化におけるゾロアスター教の意義,地域文化研究(3),92-101,1998

姜伯勤、池田温,介休の祆神楼と宋元明代山西の祆教,東洋学報80(4),423-450,1999-3

岡田明憲,拝火教とその教え,文化遺産(8),53-55,1999-10

青木健,第3回インド・ペルシア文化国際研究会議の報告:主にゾロアスター教研究について,オリエント43(1),179-185,2000

大多和明彦,東西文明とゾロアスター教,東京家政大学研究紀要1·人文社会科学40,1-7,2000-02

常塚聴,中国社会におけるマニ教の認識:唐から明までの漢文史料を中心に,東京大学宗教学年報(18),89-113,2000-3

田中かの子,現代ゾロアスター教の精神文化を理解するための基本的考察,駒沢大学文化19,53-82,2000-03

熊元和美,「モン・ブラン」とゾロアスター教,佛教大學大學院紀要28,71-84,2000-03

吉田豊,森安孝夫,ベゼクリク出土ソグド語・ウイグル語マニ教徒手紙文,内陸アジア言語の研究15,135-178,2000-10

青木健,中世ゾロアスター教の後継者:「シーラーズ系ゾロアスター教徒」の興亡,オリエント44(1),42-57,2001

小田壽典,トルコ語「八陽経」のマニ教的表現について,豊橋創造大学紀要(5),1-12,2001-02

Bravo Angel
J,ゾロアスター教:自由意志の宗教,神田外語大学紀要(13),153-227,2001-03

香月法子,今日のゾロアスター教徒,地域文化研究(5),90-107,2001-06

青木健,ゾロアスター教における経典の変容,宗教研究76(3),25-46,2002

青木健,近世ゾロアスター教の救世主思想:ゾロアスター教神聖皇帝の到来から宗教思想の変容へ,オリエント45(1),75-95,2002

admin 世界史 ,

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注